似非唄

えせうた【登録タグ: takumi 猫村いろは

作詞:takumi
作曲:takumi
編曲:takumi
唄:猫村いろは

曲紹介

自分としては、大きなコンセプトは無くスタンダードなロック曲という感じで。 (作者blogより)

歌詞

ピアプロより転載)

この手に余るものの幾つが役に立つのだろう
この重荷を解いて進む路は何処にあるのだろう

リアリストとストーリーテラー
どちらにも成れそうな気分で
僕は独り善がりな唄うたいに成る

手垢塗れでも
容易く理解されるような
穢れの無い思想は必要ない
脆い自分を庇うのは
数分程度の似非唄だから

どんな優れた人でも
時間を無駄にしない人は居ない
それなら浪費してゆく今を
如何全うして生きようか

誰のものでも無いのさ
哀しみに付属する価値なんて
僕は独り善がりな唄うたいの侭さ

人の心を量るルールを抹消して
大丈夫だと頷けて
間違う事は間違いではないのだと
戒めのように口ずさむ
僕しか知らないこの似非唄

僕と誰かを繋ぐのが
事実に即したものじゃないとしても
此処に在る唄は信じて居て
調子外れな僕の似非唄

話を聞いて欲しいな 今の僕の考え
笑い飛ばしてもいいよ これは今の気持ち

コメント

  • 追加乙!! -- 名無しさん (2012-02-15 20:50:55)
  • リアリストとストーリーテラーて… -- 名無しさん (2012-02-16 20:55:35)
名前:
コメント: