EDEN > クリーム市長

【登録タグ: E クリーム市長 初音ミク

作詞:クリーム市長
作曲:クリーム市長
編曲:クリーム市長
唄:初音ミク

歌詞

PIAPROより転載)

広く感じる部屋 この世界
黄昏れ 彷徨う心は駆け抜ける(ラビリンス)
いつか夢見た 真っ白な景色を探して

何処に往けば 何をすれば
地平線のバランス 保てるの?
溢れ出す 切なさに
一つ私は 小指を切り落とす

この鉄の身体 いつか朽ち果てようとも
貴方を謡う それだけが
私に残された “枷”
一人にしないで 暗闇が怖いの
二人だけの 聖なる夜の欠片を
“EDEN” へと


有耶無耶に心 騙し込み
明日をただ俟つ日々も もう限界(騙せない)
写真は笑い続ける それだけで辛くて

何処にいても 何をしても
時は止まることなく 残酷に
貴方から 教わった
メロディ抱いて 東へと向かう

セピアに色づく この九つの指で
貴方を想い続けても 自ら死する事は選べない
何故出でる? 涙粒 真実はほしくない
私は気づく心湖(うみ)を 貴方へと続く
“箱舟” を


最期の夜 朝が来なければよかった よかった?
(本当に?)

この鉄の身体 いつか朽ち果てようとも
貴方を想う それだけが
私に残された “枷”
一人にしないで 暗闇が怖いの
二人だけの 聖なる夜の欠片を
“EDEN” へと

コメント

  • 歌詞最後違う… -- な (2009-07-30 17:37:09)
名前:
コメント: