たびびとのうた

たびびとのうた【登録タグ: GUMI 前略P

作詞:前略P
作曲:前略P
編曲:前略P
唄:GUMI

曲紹介

少女の演じた舞台、如何でしたでしょうか。見えない筈の彼女を見ていた皆様は、さぞかし心の綺麗な方々なのでしょう。
これは、ただの舞台。それ以外の感情は役者に必要ございません…。
…しかし、少女は一体何者なのかと気になっていらっしゃるお方も少しばかりいらっしゃると思われます。
さあさあ舞台にご注目。自らの人生に暗幕をひかれ、舞台女優になれずに旅立った、一人の少女のご挨拶でございます。
  • 前略P の15作目。「暗幕と一人芝居シリーズ」(Blackout Curtain Record E.P.)、これにて終演。
  • 1942/2/28(Sat.) 【とある国の少女の遺書】 たった5曲。たった5曲の間だけど、私は舞台に立っていたんだ…。(作者コメ転載)
  • PVは うさこ氏 が手掛ける。

歌詞

1942年 2/28日(Sat)
天国からの舞台をご覧頂いた皆様へ
皆様、少女の一人芝居をご覧頂き
誠にありがとうございました。
さあさあ、主演女優のご挨拶でございます。

はじまりは私の願い
役者になり、舞台に立つ
ただそれだけの
ささやかな願いも叶わず
私の声もナイフで切り取られ
涙も願いも尽きていた
ありがとう、私ももう行かなきゃ

ご観覧、ありがとうございました


前略、お元気ですか。

数ヶ月前、私の街にもついに火の雨が降って来ました。
人々は逃げ惑い、私の家も家族も焼けてしまいました。
一人っきりはとても寂しく、
自ら命を絶とうと思う時もたくさんありました。

そんな時、私を元気づけてくれたのが
舞台女優になるというたった一つの夢でした。
いつか舞台の上で人々に感動を与えたい、
それが私の唯一の支えでした。

でも、それももう過去の話・・・
舞台に立つという夢は結局叶いませんでした。
寒さに震え、手足の感覚ももうほとんどありません。
私はもうすぐ死んでしまうのでしょう。

この命が消えてしまう前に、どこかで舞台を演じたかった。
もしもそれが叶うなら、私はどこへでも行きましょう。
どんな場所、どんな時代であろうと、私は芝居を演じます。

6年間の悲しい戦争を語る
「暗幕と一人芝居」を。


コメント

  • 作成おつです!! -- 名無しさん (2012-02-29 07:06:48)
  • このシリーズ大好き… -- 肉厚 (2012-02-29 07:08:13)
名前:
コメント: