月光雨

げっこうう【登録タグ: toya 鏡音レン

作詞:toya
作曲:toya
編曲:toya
唄:鏡音レン

曲紹介

  • 月をテーマにした楽曲。
  • 美しいピアノの音色と、繊細なレンの歌声が印象的な作品。

歌詞

PIAPROより転載)

夜の色を閉じこめて
広がり続ける空は
一番星になれなければ
あとは全て同じだと言う

深くついたため息は
まるで砂時計のように
さらさらと今をすり抜けて
溜まることなく消えた

「誰かこの僕を見つけて」なんて
哀しい歌を注ぐ月
せめてお前の瞳には
僕よ、映っていてよ


行く彗星(ほし)は弧を描き
虹となり夜空に咲く
それも全て投げ捨てたら
僕は、僕は・・・何処へ行くの?

雲の流れが早いのも
朝がやって来ないのも
きっとその理由は
僕でしかないから

ずっとその蒼く脆い光で
独り夜を刻む月
せめてお前の空(いばしょ)には
僕よ、馴染んでいてよ


こんなすぐ近くで泣いているのに
誰も触れない月
せめてお前の世界(きおく)には
僕よ、残っていてよ

光が止むその日まで
僕よ、そこにいてよ

コメント

  • せつなすぎる(´;ω;`) -- 名無しさん (2008-11-27 20:03:51)
  • いいね、美少レン^^ -- 名無しさん (2011-06-19 14:56:02)
名前:
コメント: