幕ノ斬リ刻

まくのきりどき【登録タグ: ミュアン 鏡音レン

作詞:ミュアン
作曲:ミュアン
編曲:ミュアン
唄:鏡音レン

曲紹介

  • ミュアン氏の初オリジナル曲。

歌詞

また またひとつ散ってゆく
夢 命がほら
二度とないこの時
愛しさが裏切りの果てに

大蛇が這うこの都
今宵 月が緋く染まる
会津は皆 窮鼠の如く猫を噛み
「最期まで足掻け」

ああ 可憐に散れ 華のように
焦がれる先だけ見つめ
その刀が折れる日まで
その幕を切られぬように


早十余年 時が経ち
今 吠える壬生狼
新しいこの時代
悔しさは愛しさに勝てず

敵統べるこの時代 仲間達が蔑まれる
守るべきは変わるのだ
志半ば でも 「生きなければ…」

ああ 時代に咲け 花は枯れぬ
待つ人のために生きて
その刀が錆びる日まで
その愛を絶やさぬように


仲間達がたとえ居なくても
ここに確かにある…
「誠」の文字 汚されてなるものか
そうさ
「オレはここにいる」

ああ 可憐に散れ 華のように
焦がれる先だけ見つめ

コメント

名前:
コメント: