紅髪のヴァルキュリア

あかがみのゔぁるきゅりあ【登録タグ: もちっとあいす 初音ミク

作詞:清音流人(もちっとあいす
作曲:小摘貶寝(もちっとあいす
編曲:小摘貶寝(もちっとあいす
唄:初音ミク

曲紹介

・・・ただ正義の為。
  • もちっとあいす の12作目。
  • 戦線で戦い続ける孤高で美しく、儚い女剣士のお話。(作者コメ転載)
  • イラストを 松田まっつん氏 が、動画を せむ氏 が手掛ける。

歌詞

紅く滴る剣を 戦火 携えて
横たわってるのは "物言わぬ骸骨" 

Ah 志半ばで 倒れていった同胞
戦場に咲く 一輪花 
真紅(まあか)に染まっていく

(Heaven and earth resound the dirge)

叫び、恨み 渦巻く戦いで
痛み、孤独 掻き消されてく
たとえ殺し、生きた 夜さえも
安らげるはずもない

辛い夜も剣を置かないのは
ただ正義の為

(Cause of right)

朝日で光る刃 鈍く輝いて
その身に纏うのは "歴戦の古傷(くんしょう)"

Ah 悲しげに舞うのは 命の儚さから
迷いを知らぬ切っ先が 切り開くは未来

(Right and justice are on our side)

少女は父を 帰ると疑わず
笑顔のまま 送り出したけど
父の帰り 待っているうちに
大人になってしまってた

最期にみた 父の笑顔だけは 
今も忘れない

(Can't forget the day when he go away.
          How can I forget those days? Ah.)

頬(ほお)を伝う 雨は足元零れ落ちて
まるで空が泣いているよう
冷めた瞳 とうに涙など枯れ果てた

揺れる髪がひらり翻る間に
桜咲いて 枯れ朽ちてゆく
歩いてきた路は紅く染まり
感情が薄れてく

終わり見えぬ戦いだとしても
ただ正義の為

(Cause of light)

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2012-05-14 01:21:14)
名前:
コメント: