綺羅星

きらぼし【登録タグ: チキP 初音ミク

作詞:チキP
作曲:チキP
編曲:チキP
唄:初音ミク

曲紹介

いつも助けてくれたり支えてくれたり星のように輝く憧れの人。そんな人になりたい。
  • チキP の5作目。
  • そんな前向きな青春哀愁ソングです。(作者コメ転載)
  • イラストは さま氏 が手掛ける。

歌詞

強がりな台詞いくつ 着飾ってみても
君のようになれるわけじゃなく
少し高い靴を履いて 背伸びをしても
まだ空は遠くて届かないけど

太陽は溶けて日は沈み
やがて、いつもの様に夜が来て

そう、いつだって 僕等をそっと見守ってる
もう、どこだって照らす 一つの綺羅星が
見上げた夜空に 伸ばした右手は
決して届かなくても

そう、誰だって僕だって きっと分かってる
もう、どうやって自分が 輝やけるのかを
見上げた夜空に 大きく咲いてる
君のような綺羅星になりたくて

寂しがり屋な僕は強がってみせて
本当の自分、隠したまま
そんな僕に翼付けて 連れ出してくれた
まだ君のように上手く飛べないけど

雲は晴れて星が降り
やがて、いつもの様に夜が来て

そう、いつだって 僕等をそっと見守ってる
もう、どこだって照らす 一つの綺羅星が
見上げた夜空に 伸ばした右手は
決して届かなくても

そう、誰だって僕だって きっと分かってる
もう、どうやって自分が 輝やけるのかを
見上げた夜空に 大きく咲いてる
君のような綺羅星になりたくて

そう、いつだって そうやってずっと照らされてた
もう、どこだって迷わない 君が綺羅星で
見上げた夜空に こぼした涙は
決して無駄じゃなかったね

そう、いつだって君が守り続けてた
僕等をそっと示す 光の道しるべ
見上げた夜空を 彩る星たち
君のような綺羅星になりたくて

コメント

名前:
コメント: