花火色

はなびいろ【登録タグ: 初音ミク 蒼P
作詞:蒼P
作曲:蒼P
唄:初音ミク

歌詞

戸惑っていた あの頃はまだ
すべてが 初めての事で
話しかける 事さえも
勇気が 必要だった

いつも一人で 歩いてたけど
あなたに 出会った事で
景色の 色までも皆
輝きだしたよ

いつもの 待ち合わせの場所
海の見える この木の下で
あなたの 姿見えるの
ずっと 待っていた

二人並んで歩いた
あの道は 今もかわらず
あの時と 同じ風 吹き抜けるとき
ほほに 涙がこぼれる

数えきれない 大切なもの
あなたは わたしにくれた
大事に なくさないよう
両手で つつんだ

あたりまえと 思った日々が
なくなると 信じられなくて
探しつづけて 歩きつづけて
それでも 諦められなくて

夜の空に 咲く花火は
色とりどりの 花火色
今だけは 同じ色に 染めてください
その色を 忘れぬように

鮮やかに 咲く花火も
いつか消えてしまうけれど
あなたとの想い出は 消えないように
ずっと心に 刻むよ

もう一度 会えるのならば

コメント

  • いい歌!!好き~❤ -- ちょこれぃと (2009-07-30 21:03:15)
  • この曲はもっと伸びるはずだ…! -- ぬこ (2011-02-07 23:44:26)
名前:
コメント: