人が星に願う訳

ひとがほしにねがうわけ【登録タグ: MEIKO うむ うらら(マカーP) わんだらP ビタワンP

作詞:わんだらP
作曲:うらら(マカーP)
編曲:うらら(マカーP)
唄:MEIKO(調声:ビタワンP

曲紹介

期せずして『灯りを集めて』というテーマに沿うことになった一年越しのコラボ楽曲です。
  • わんだらPうらら(マカーP)うむビタワンPによるコラボレーション楽曲
  • イラスト・動画制作はうむ
  • 2011年11月5日のMEIKO生誕祭2011にて1番のみのデモ版が公開され、一年後のMEIKO生誕祭2012に満を持して完成版が公開された

デモ版


歌詞

夜の訪れを 祝う光が
誘うささやきに 耳を澄まして
人は星に願う その訳は遥か
百億光年よりも彼方にある


赤く濡れた星には 錆びついた少女と
星が壊れた時を 刻まれた時計
愛した人を重ね 長針の口髭を
撫でては流した オイルのひとしずく

願いの煌きで 歯車は滑らかに
回るはずのない方へ回りだす
悲しき日愛しき日 今を紡ぐ糸を
巻き取りながら 銀の針はひたすら回る


「願い事は遠く 空に投げてしまおう
果てのないものは 果てのない場所へ」
願う事で輝き 持て余して滅ぶなら
輝きは夜空と 分かち合おうと

時計が巻き取る 歴史を抱いて
少女は空へ駆る 彼の言葉も
星さえ滅ぼす 醜さも一手(ひとて)に
青白く燃える よだかのように


愛した人を求め 短針のペン先が
幾重にも連ねる 円の無限をくぐる
世界を描いた線の集まる点
星が生まれる前の 空が生まれる前
果てのない場所の 果てより飛び込んだ
少女と時計が起こす もうひとつの奇跡

空の誕生を 祝う光が
誘うまたたきに 心清まして
人は星に願う その訳は遥か
百億光年よりも彼方にある