終わりなき世界

おわりなきせかい【登録タグ: いかすP 初音ミク

作詞:いかすP
作曲:いかすP
唄:初音ミク

曲紹介

  • いかすPの8作目

歌詞

piaproより転載)

命ひとつぶんの荷物を
背中に背負ってドアを開ける

人は生まれどこへ行くのか?
その果てを見たくて旅に出た

傷つけて 求め合う つながって
温もりを忘れても失っても

もしも 歩くことをやめたとき
歩きかたを 無くしたとき
想いを忘れても 旅は続いてゆくのか


あれからどれほどの時間が
流れていったのかわからない

旅に出た日から背負っていた
荷物はいつの間にか増えていた

傷つけて 奪い合う 助け合う
どれだけ汚れても 美しくても

もしも 悲しみだけ生むのなら
有毒でしかないのなら
誰が望むだろう 愛がほしいのなら


でも孤独に気付くとき そこに愛は無いと知る
かすかな温もりさえ 求め 道をさまよう

まだ旅は続いてく 世界の果て目指して
寂しさを力に変えて 進む


僕らは どれだけ進んできただろう 
旅はいつまで続くのだろう
終わりなき世界の 向こう側へ

生きた意味を見つけたとき 僕の意味に気付くとき
永い眠りにつく 覚めることの無い そして
物語は終わりを告げ 新たなそれは始まる
残酷な世界で また僕らは旅立つ

コメント

  • すごく好きだ -- 名無しさん (2014-10-11 10:59:18)
名前:
コメント: