夜半ノ月

やはんのつき【登録タグ: ぼのりす 初音ミク 月見里磨白

作詞:月見里磨白
作曲:ぼのりす
編曲:ぼのりす
唄:初音ミク

曲紹介

  • ぼのりす氏 の10作目。
  • 和風な曲作ったので聴いてやってください m(_ _)m (作者コメ転載)
  • 本作は、「源氏物語」をモチーフにしている。
  • 歌詞とイラストは 月見里磨白氏 が手掛ける。
  • Vertical ReBirth』と同時リリース。

歌詞

恋(いと)し君に届ける想い 幾年募るの恋心
名も知らぬ君に捧げ咲いた恋を消したりはしないで

去りて尚良く薫る日々
見やる月はまだ明るい
いつか想い涸れるその時には爪弾く音が鳴り響く
煌めく灯が途絶えぬ様に

巡り廻(めぐ)る 今世の宿命(さだめ) 幾夜(いくよる)願うよ恋模様
名も無い華と知りながら手折る(たおる)その移り香に溺れゆく
回り廻(まわ)る 百夜の祈り 幾日(いくにち)想うの恋衣
名も無い君と夢路の中へ抱く心に目覚めぬ様に

夜の帳(とばり)明ける頃に
欠ける月には群雲(むらくも)が
今日も変わらぬ花心散らす眼差しがこの身を射抜く
白む世界に未だ還らぬ様に

廻(まわ)り廻(まわ)る 千夜(せんや)の月日 幾代(いくよ)も想うの恋心
名も告げぬ君に捧げる想いが静寂(しじま)を揺らいでいく
巡り巡る 千代に八千代に 幾世(いくよ)に過ぎるの恋嵐
名も無い君と夢現(ゆめうつつ)にまどろむ世界を閉さないで

巡り廻る 今世の宿命(さだめ) 幾夜(いくよる)願うよ恋模様
名も無い華と知りながら手折(たお)るその移り香に溺れゆく
回り廻(まわ)る 百夜の祈り 幾日(いくにち)想うの恋衣
名も無い君と夢路の中へ抱く心に目覚めぬ様に

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2012-12-23 13:27:47)
名前:
コメント: