鏡に映せば

かがみにうつせば【登録タグ: 名誉会長P 鏡音リン 鏡音レン
作詞:名誉会長P
作曲:名誉会長P
編曲:名誉会長P
唄:鏡音レン
唄(旧Ver.):鏡音レン・鏡音リン

曲紹介

  • ギターの音色とスローなリズムが印象的なVOCAROCK。
  • 名誉会長Pが初めて自力で動画編集を行った曲でもある。

歌詞

朝焼け 街が動き始めて
昨夜見た夢から
やがて 覚めてゆく

通りを 行き交う人たちは
同じようにみんな
忙しなく動いている

駅に向かい 電車に揺られ
顔の見えない人たちと運ばれ
知らない街 通り過ぎて
どこへ向かうのかさえわからずに

みんな 同じ夢を見ていた
同じものを見ていた

また 朝が来て
まるで 繰り返しの日々に
駅へ向かう 人の波を見る

揺るぎなく同じだと思ってた その人たちにも
それぞれの思いと
それぞれの顔が見えるよ

君も僕も みんな同じ
そんな夢を誰かが見させている
知らず知らず 取り込まれて
自分が自分でなくなっていく

閉じ込められ 繰り返され
当たり前だと思っていた日々
溶け合うこと 思い出して
「新しい」世界へ……

心の鏡を 外に向けて
光を 待ち続けたなら
越えてゆけるさ
どんな困難だって

コメント

  • いい曲ですよ!!聞いてみて下さい! -- ユウ (2009-11-02 18:19:13)
名前:
コメント: