鏡神楽

かがみかぐら【登録タグ: ILU 杉春 鏡音レン
作詞:杉春
作曲:ILU
編曲:ILU
唄:鏡音レンAppend

曲紹介

行く春に亡き君を想う・・・・・・。
  • 人ならざるもの(鬼)に魅入られ、命を落とした幼なじみを偲ぶ曲です。「雅楽」に用いられる笙と篳篥を使いました。(作者コメ転載)
  • 歌詞を 杉春氏 が、イラストを みちか氏 が手掛ける。

歌詞

百花繚乱 咲きみだれ 
遥かに 去りにし 彼の人よ
いま わたしの心は
静かに散り急ぐ 花のやう

こころざし 一つさえ 
守れぬ 己れに涙した
悲しみは 幾月日
霞となりても 消えもせで

はらりはらり 恋吹雪
君の香り 追ひゆけば
届かざりし 故ほどに
色は匂へど

百花繚乱 咲きみだれ 
遥かに 去りにし 彼の人よ
いま わたしの心は
静かに散り急ぐ 花のあと

想へども 願へども
叶わぬさだめと 知ればこそ
文ひとつ 影ひとつ
眼をつむれば 浮かびゆく

さらりさらり 衣ずれの
幻かは 風の音か
ひとり寂し 枕辺に
あさきゆめみし

月下蒼天 導きて
仄かに 暮れにし 恋一夜
嗚呼 くるおし現つなら
せめても夢でもと 来ぬ人よ

ほろりほろり 時鳥
小夜すがらの 子守唄
やがて朝は 訪れど
君は帰らじ

百花繚乱 咲きみだれ 
遥かに 去りにし 彼の人よ
いま わたしの心は
静かに散り急ぐ 花のやう

月下蒼天 導きて
仄かに 暮れにし 恋一夜
嗚呼 くるおし現つなら
せめても夢でもと 来ぬ人よ

コメント

  • 泣ける -- めんどくさがり (2013-01-12 12:50:48)
名前:
コメント: