ユキフル

ゆきふる【登録タグ: k_zero+A 初音ミク

作詞:k_zero+A
作曲:k_zero+A
編曲:k_zero+A
唄:初音ミク

曲紹介

  • どこか哀しい様相を醸す、けーぜろ氏のニ作目。
  • 具体的には明かされない「私」の状況、そして最後の美しい展開が何を意味するのか、など様々に想像の余地のある曲である。
  • 1stフルアルバム 『まざる』 収録曲。

歌詞

(動画より書き起こし)
吐いた白い息は すぐに消えていった
私の世界も もうすぐ消えるのです

捨てられないものが あまりに増えすぎて
少し重すぎるみたい 全て背負ってくには…

白い 白い 粉雪
いつまでも 降り続ける
過ぎし日々の 記憶が 痛いよ

遠く 遠く 足跡
どこまでも 伸び続ける

行くあてなど ドコにあるの?
帰る場所など ドコにもないの


あかずの扉から 聞こえた叫び声
聞こえぬフリをした 知らないことにした


ひとり 白く 包まれて
やわらかな 眠りにつく

でも どうして 涙が 出るの

白い 白い 粉雪
いつまでも 降り続ける
扉はもう 深くへ 埋まって

遠く 遠く 足跡
少しづつ 消えていくよ

雪の降って 来る方向
あの空の向こうへと

かえるの



忘れていたのでしょう
背負った荷物には
やさしい思い出も
かくれていたのです。


コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-01-03 04:05:52)
名前:
コメント: