ふたりの距離

ふたりのきょり【登録タグ: Rin(ぎん) 初音ミク

作詞:Rin(ぎん)
作曲:Rin(ぎん)
編曲:Rin(ぎん)
唄:初音ミク

曲紹介

近すぎるほど見えなくなる大切なもの

歌詞

PIAPROより転載)

夕暮れの町の
いつもの帰り道
手と手を繋いで

毎日二人で
歩んだこの道も
今では懐かしい


子供の頃から君と一緒だった
優しい笑顔は思い出のなかに


ぼくらもいつかは
大人になってゆく。それは変えられないこと
だからこそ、離さない
君を守っていきたいから、ずっとこの手を離さないでいて



あれから数年
君とはあんまり
会わなくなったね

互いに意識して
赤くなるばかり
目も合わせられない


それでもココロの片隅ではずっと
あこがれの君を想い続けてる


ぼくらもいつかは
大人になってゆく。それは変えられないこと
それでも、ぼくは、ありのままの君でいてほしいから
近づけないでいたのかも


ココロが近すぎて
大事なモノ全て、見失ってたのかも
たったの一言
思いを伝えられないまま時が過ぎてく

きみが好きだよ
それでも君の隣にはいられない
思い出をありがとう
あの日繋いだ手のぬくもりはずっと
この胸のなかに閉まって


コメント

名前:
コメント: