ココロノアリカ

こころのありか【登録タグ: ゆずひこ 初音ミク

作詞:ゆずひこ
作曲:ゆずひこ
編曲:ゆずひこ
唄:初音ミク

曲紹介

  • 千夜一夜物語的な何か。(作者コメ転載)
  • イラストを おはぎ氏 が、マスタリングを かごめP が手掛ける。

歌詞

目と目を合わせ呼吸を合わせたなら
今夜も夜伽噺をするわ
惹きつけられたその魅力に抗う
術など持ち合せてはいない

心の中を見せてくれないかしら
もっと深く貴方に落ちたい
百夜の途中深くくちづけをかわす
物語はまだ序章の中

どんなに触れたとして
埋まらない距離
ココロノアリカをほら
私に教えて

蝶が舞う鮮やかに
砂漠と星空を背に
愛した男なら
鳥籠で鳴いてる

五百夜を過ぎて更に虜となった
滑稽なおとぎ話の世界
月を裏返しで太陽こんにちは
ぐるぐる繰り返す飽きるほど

どんなに貴方のキス
かき集めても
ココロノアリカはまだ
この目で見えない

蜃気楼のようにね
不確かな愛の形
魔法のランプの精
お願いをしてみよう

綺麗な花の棘を抜けば
貴方に捧げる薔薇となる
九百の夜を経てもまだ
何一つ知らない貴方を

蝶が舞う鮮やかに
涙と哀願を背に
愛した男なら
鳴き疲れて笑う

千日目の夜

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-03-13 01:51:11)
名前:
コメント: