い涼暮れ月が昇る夜に

いすずくれつきがのぼるよるに【登録タグ: MITSU 初音ミク

作詞:MITSU
作曲:MITSU
編曲:MITSU
唄:初音ミクAppend

曲紹介


歌詞

(動画より書き起こし)

足音が響く
黒く晴れ渡る空に

ひとりたたずんだ
欠けし月は
まるで僕を映すよう

名残月の下抱え込んだ
心照らされて

でもそこにあるのは
ただの空白
風が吹く

足跡が続く
満月が照らす道

ひとり歩んでた
欠けし月は
ただ隠れていただけで

でも僕の心は穴あいたまま
少し風が冷たい

ただ何も無いから隠そうとした
むなしさが吹き抜ける

奥へ奥へと潜ってみても
息が苦しくなるだけで
見つからない探し物

そもそも何を探しているのか
それすらも分からないから
目を背けて逃げた

今名残月の下抱え込んだ
心照らされぬため

誰も見えない胸の奥へと
鍵かけるの

もう冷たい風は吹き抜けないと
虚しいこともないと

そう誰の声も届くことはない
それでもいい

それでいいの?

コメント

名前:
コメント: