アンダー・プリテンダー

あんだー・ぷりてんだー【登録タグ: 初音ミク 姉を見事に使いこなす妹P 箸休/hashiyasume

作詞:箸休/hashiyasume
作曲:箸休/hashiyasume
編曲:箸休/hashiyasume
唄:初音ミク

曲紹介

  • 箸休/hashiyasume氏 の7作目。
  • イラストは 7:24氏 が手掛ける。

歌詞

乾いた瞳の中 跳ねた光 映り込む
これは最近観ている 古い映画の影響

重ねた言葉もまた 虚しい怒り飾るだけ
それはポケットに詰めた 影の傷を開くだけ

刻んだ名前ならば 少しだけは使えるだろう
忘れた何か掴むため 一足先に歩き出す

でもあまりにも久しぶりすぎて
胸の何処かでは迷っている
分からなくても進むこと
何であの頃出来ていたのかな

そう 淡く果てた愛と塵に朽ちた夢の
全ての芽を開く為
移り変わる時と代わりのない明日の
全てを糧にするよ

手を伸ばしても届かない先に
君は待っているだろうか 今でも

酷く錆びた剣と既に割れた盾と
荒れた翼しかないけれど
淡く果てた愛と塵に朽ちた夢の
全ての芽を開く為
だから移り変わる色と代わりのない今日の
全てを糧にするよ

手を伸ばして求めたい場所で
僕を待っていてくれるか これからも

コメント

名前:
コメント: