Poetry of Stardust

【登録タグ: Eskimoz GUMI P 初音ミク

作詞:Eskimoz
作曲:Eskimoz
編曲:Eskimoz
唄:初音ミク・GUMI

曲紹介

  • Eskimoz氏 の4作目。
  • イラストは Ranpak氏 が手掛ける。

歌詞

眠る暗闇の中
照らすかすかな光 掴めない
この声を 届けてよ
手を伸ばしても 遠い
螺旋の軌跡

並ぶ顔は 俯いて
振れたてが ココロのスパイス
もっと聞かせてよ 君の事
途切れる 声を飲み込んで

溶け出すシャーベット 無数の星
映す瞳(め)に いつか 恋をしたの

どこにあるの? 星屑の詩
流れる光 空を流れてく
「私だけ 見ていてよ」
願い事は叶うと 信じているの

2人で見た 星の華
零れてく 涙は嘘月
そっと照らしてる 君の頬
何度も浮かんで 消えてゆく

揺らめくセカイ 触れあう瞬間(とき)
ただ君にいつも 恋をしてる

そこにあるよ 星屑の詩
流れる光 宇宙(そら)を なぞってく
「君しかもう 見えないの」
願い事は叶うと 信じているわ

眠れぬ夜も 止まない雨も
焦がれてく 想いだけ巡る

いつもここにあるよ 君だけの詩
銀河の光 すべて包んでく
「いつまでも傍にいて」
願い事が叶うよ 星屑の詩

いつでも この空を 二人で眺めたい

コメント

  • 追加乙! -- 名無しさん (2013-05-29 20:06:12)
名前:
コメント: