笑う月の夜に

わらうつきのよるに【登録タグ: スノーノイズP 鏡音レン

作詞:スノーノイズP
作曲:スノーノイズP
編曲:スノーノイズP
唄:鏡音レンAppend(Cold)

曲紹介

  • スノーノイズP の15作目。
  • 月が笑ってたのでレン君に歌ってもらいました。(作者コメ転載)

歌詞

通りすぎる赤の照明と
揺らいだ思い出
きっとこれが最後なんだ
わかっているんだ

崩れ落ちる色の情景と
触れ合った言の葉
いつかそっとこの心も
隠してしまおう

ただいつもより
冷たくて
かける声も届かず

笑う月に見下されて
歩くことも出来ない僕は
吐き出すように嘆くように
笑い方も忘れたのだろうか

指にすがる愛の証明も
揺らめく想いも
そっとここに置いていこう
忘れるときまで

ただいつもより
眩しくて
前を向けないままで

笑う月に見下されて
灰に染まる落ちる影も
忘れるように泣き出すように
見上げたままこぼれた星空を

願うならば叶うならば
いつの日にか消えた夢を
許されるなら許せるなら
このままただ傍に居させて

笑う月に見下されて
歩くことも出来ない僕は
吐き出すように俯くまま
笑い方を忘れたのだろう

笑う月の夜は
煩わしさも忘れるようで
許されるなら許せるなら
このままただ傍に居させてよ

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-06-02 19:31:17)
名前:
コメント: