STAY > テラ小室P

【登録タグ: S テラ小室P 初音ミク

作詞:テラ小室P
作曲:テラ小室P
編曲:テラ小室P
唄:初音ミク

曲紹介

  • 何故私がテラ小室Pというか知らしめてやる・・・とかそこまででは無いんですが、久々に小室テイストの曲にしました。

歌詞

今までどんな 道を歩いて
来たのかなんて 知らないけれど
わずらわしいと思える事も
少なくないと判っているのに

届いているかな 気付いてるかな
こっそり隠した 本当の気持ち

側に居るだけで あなたの心が
判る気がしてた それなのにね
二人寄り添った 姿が今でも
瞳に残ってる

夜がこのままで 止まればいいのに
何度思ったか 判らなくて
誰かの為に 過ぎる毎日は
とても不思議な気持ち


視線が合うと わざと眼を外す
照れてる訳じゃ ないはずなのに
二人自然に 肩を並べて
歩いた事も なかったはずね

幻みたいに 消えてしまうなら
届かないけれど 手を伸ばしたい

朝も夜中でも ずっと一緒に
側に居るって 約束した
忘れたわけじゃ なくて今でも
愛しているんだよ

過ぎる人並みに のまれてゆく様
心が何故か 乾いている
街の喧騒も 都会の空気も
いつかは慣れてしまう


側に居るだけで あなたの心が
判る気がしてた それなのにね
二人寄り添った 姿が今でも
瞳に残ってる

夜がこのままで 止まればいいのに
何度思ったか 判らなくて
誰かの為に 過ぎる毎日は
とても不思議な気持ち

朝も夜中でも ずっと一緒に
側に居るって 約束した
忘れたわけじゃ なくて今でも
愛しているんだよ

過ぎる人並みに のまれてゆく様
心が何故か 乾いている
街の喧騒も 都会の空気も
いつかは慣れてしまう


コメント

名前:
コメント: