廃材とオレンジ

はいざいとおれんじ【登録タグ: GUMI NexTone管理曲 さたな

作詞:さたな
作曲:さたな
編曲:さたな
唄:GUMI

曲紹介


歌詞

錆び付いたフェンス 格子状に伸びた影
廃材の隙間から 見えるのは昔揺らいだ想い

一羽のカラスが見下した 夕日が背中を染め出した
空き地に佇む少年は 未来を憂えて泣いた

狭い路地裏に向日葵が咲く そんな日々を願っている
大事な物も大切な人も 失くしてしまった この街で

当たり前の物を望んで 気が付いたら何も失くなった
遠く 遠く 走ったその先は いつものこの街だ

時計の秒針が 日々命を刻む度に
残されたものは この身体と想い出だけと知るんだ

左手を翳(かざ)した 夕日が滲んだ
瞼の奥に 焼き付いた世界

夜が来れば明かりがまたひとつ灯っていく
その度僕は君を想い出す

狭い路地裏に向日葵が咲く そんな日々を願っている
大事な物も大切な人も 失くしてしまった この街で

当たり前の物を望んで 気が付いたら何も失くなった
遠く 遠く 走ったその先は いつものこの街だ

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-09-01 23:36:01)
  • とても好き。 -- 名無しさん (2013-09-05 17:48:11)
  • 大好き -- 名無し (2014-03-23 20:55:15)
  • カラオケ配信希望ノシ -- 姶良 (2014-05-09 21:50:20)
  • この曲大好き。もっと評価されるべき!! -- 名無しさん (2015-02-25 23:27:43)
名前:
コメント: