専心少女

せんしんしょうじょ【登録タグ: GUMI バルーン

作詞:バルーン
作曲:バルーン
編曲:バルーン
唄:GUMI

曲紹介

  • 作者コメ「一途な女の子の曲を作ったつもりです。」
  • 可愛らしい乙女の曲と思いきや、ヤンデレチックな曲である。

歌詞


思い出しては頬が緩んだ
私だけしか見せないでよね
揺れた灯りに心地も踊る
いつもの道すら素敵に見えたわ

浮かれたままではしゃいで跳ねて
歩く私を見て楽しむのね
そうでしょ
貴方はいつでも変わらず拗ねて見せても駄目みたい

いつも私は振り回されては空回り
貴方の後ろをついてく
私がつまづいたって知らないふりして
私はきっと貴方にとってはどうでもいい
黙ってついてくだけでいいのよ 貴方なら


少し疲れて泣いた私に
そんな顔して近寄らないで
錆びた広場で「2人きりだね」
私の涙を撫でてくれるのは

どうして
私は貴方の考えている事すらわからずに

まるで貴方は素敵に歪んだ猫みたい
散々好きな事をして
飽きては知らずの間に戻ってくるのね
貴方はきっと私の事すら飽きるでしょ
誤魔化したって私には わかるから


  ほら、いつもの様に意地悪をして私をもっと困らせてよ


枯れた貴方を見つめているのは苦しくて
貴方の笑った顔が恋しくて
わたしはいつでも それだけ
いつも私は振り回されては馬鹿みたい
黙ってついてくだけでいいのよ 貴方なら


コメント

  • この曲大好きです(∩´∀`∩) -- 名無しさん (2013-09-14 00:54:48)
  • ええやんな -- 名無しさん (2016-11-14 21:41:43)
名前:
コメント: