僕らはそんなに弱くない

ぼくらはそんなによわくない【登録タグ: アンメルツP 鏡音リン 鏡音レン
作詞:アンメルツP
作曲:アンメルツP
編曲:アンメルツP
唄:鏡音リン・鏡音レン

曲紹介

「ひとつの星は わずかな輝きだけど」
  • 未来を創り続ける、すべての人にこの曲を捧げます。(作者コメ転載)
  • 2年前に公開した、とある楽曲と少し関連づけた、同人賛歌的な何か。楽曲の説明はブログにて。
  • イラストは 氏 が手掛ける。
  • コンピCD『sync-loid:04 -Yellow Star-』収録曲。

歌詞

大人たちの論理 “臭いものにフタを”
子供が押しつける “白か黒かの二択”
ノイズが多すぎて 溺れそうになるけど
笑顔 忘れないようにしたい

明日のことも わからない 世の中で
試行錯誤を 幾度繰り返すけれど

声がつぶれたら 力の限り 地面鳴らし
足止まっても その手から 言葉つなぎ
想いを伝え シンクロさせ 繋がり合う
僕らは そんなに 弱くない

才能のせいにし 下衆な誇り守る
ちっぽけな自分が よく嫌いになるんだ
それでも昨日より 前に進んでること
痛む 指に刻まれてるはず

知らない僕 眠ってた 僕の中
共鳴しあう 君が教えてくれたよ

名もなき小さな 流れ星が 光放ち
暗闇を照らして 道しるべとなる
その明かり頼りに 心燃やし 繋がり合う
僕らの 世界は 終わらない

ひとつの星は わずかな輝きだけど
寄り添い合って まばゆい銀河になるよ

声がつぶれたら 力の限り 地面鳴らし
足止まっても その手から 言葉つなぎ
想いを伝え シンクロさせ 繋がり合う
僕らは そんなに 弱くない

道はまだ半ば 誓い信じ 手をつないで 歩くよ
何が待ち構えていても 世界は終わらない

音や絵やコトバ持つ力は 僕ら築く絆は
この銀河の輝きは そんなに弱くない!!!

ラララ・・・

コメント

  • この歌詞好きです -- 名無しさん (2013-09-20 00:43:07)
名前:
コメント: