薔薇少女物語

ばらしょうじょものがたり【登録タグ: 初音ミク 江戸川愛工

作詞:江戸川愛工
作曲:江戸川愛工
編曲:江戸川愛工
唄:初音ミク

曲紹介

  • 江戸川愛工氏 の10作目。
  • スペインやドイツの映画等を中心に影響を受けた感じの歌詞。「カリガリ博士」とか他いろいろ。(作者コメ転載)
  • 曲の冒頭ではバッハの「小フーガ ト短調」のメロディーを引用している。
  • イラストは 有識氏 が手掛ける。

歌詞

薔薇の咲く森の中 少女は迷い込んで
帰れずに泣き出した 其処(そこ)で彼と出逢った

狼の姿 人語を話す彼は
少女を導いて森の出口へ連れて行った

優しい獣に助けられたわ
嬉しい出来事 大人に話す
けれど誰もが険しい顔で
すぐに忘れなさいと言う

大人は銃を取った まだ近くにいる筈
この聖書を掲げて 銀の弾で撃ち抜くのだ

少女は 言葉 誰も聞かないからと
制止を振り切り再び森へと駆けてゆく

優しい獣を助けなければ
哀しい出来事 起こしたくない
けれど遠くで鳴る銃声に
間に合わなかったと覚る

涙の雫が彼に落ちたら
輝きだして人の姿へと・・・
その時の事を思い出して
愛を語る 白い部屋の中

優しい笑顔の彼は白衣で
カルテの上 ペンを走らせる
窓の外 病院の庭で
薔薇は物言わず咲いていた

コメント

  • 泣ける… -- 名無しさん (2013-11-22 20:39:23)
名前:
コメント: