1201


作詞:あいちゅ
作曲:あいちゅ
編曲:あいちゅ
唄:初音ミク

曲紹介

  • あいちゅ氏 のボカロデビュー作。
  • 切なくて、儚くて、でもどこか温かいような?そんな曲です。(作者コメ転載)
  • 曲名だけでなく投稿時間も12月1日12時1分になっている。
  • イラストは ちるこ氏 が手掛ける。

歌詞

何かが落ちた
宛てのない日々に
今日はもう帰ろうか?
一人になった夜に

眠たくはないな
思い出のベッドは
二人で奏でた夜と
甘口のマボロシ。

何かが壊れた
繋がりはしないんだろう
この夢も覚めてゆきそうだ
指を切ったばかりだろう?

最後の別れだと言った
柔らかいベッドへ
今日も変わらぬ日々と
眠りきった夜に

何かが騒いだ
離れきれない二人は
明日を待つんだろう
溢れ出したガラスに

想いを乗せて
溶かしてしまうんだろう

今日はもう帰ろうか?
このままもっと夜へ

泡も溶けて消える頃には
流されてしまうだろう
今日も明日もきっと
眠りきった夜に

最高の夜だと言った
忘れてしまう前に
今日も変わらぬ日々と
眠りきった夜に

何かが落ちた。

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-12-08 22:59:57)
  • おつです! -- 名無しさん (2013-12-08 23:06:43)
名前:
コメント: