花に変わる

はなにかわる【登録タグ: MEIKO ふなむしP
作詞:ふなむしP
作曲:ふなむしP
編曲:ふなむしP
唄:MEIKO

曲紹介

  • 慌しい感じのロックです。(作者コメ転載)
  • 「MEIKO V3」の公式デモサンプルに選ばれた。使用DBは「POWER」。

歌詞

ピアプロより転載)

歌声流れ 川は濁りに褪せ
雨上がり今日も 風まかせに暮れる畔

問うて何が? 答えを持つか 誰が知るかよ
銀の砂空で 零れて海まで

今 ひとり駆け 夜の背を駆けて
光 一度きり 掴めるのなら

今日が 明日と同じように続いて
ゆけば 何れ僕は腐るだけさ そう 腐るだけさ


歌声枯れて 鉄の音に埋もれ
俯いてやり過ごし手は 汗で汚れ

問うて何が? 道を開くか 誰が知るかよ
石の花崩れ マヨイガに消える


今 ひとり駆け 夜の背を越えて
街の 灯り吹いて 消せるような

風 ひとり受け 君に近づけば
やがて 音は消えて花に変わる そう 花に変わる


今 ひとり駆け 夜の背を駆けて
光 一度きり 掴めるのなら

今日が 明日と同じように続いて
ゆけば 何れ僕は腐るだけさ そう 腐るだけさ

コメント

名前:
コメント: