できれば10代の頃に

できれば10だいのころに【登録タグ: NexTone管理曲 初音ミク 青屋夏生

作詞:青屋夏生
作曲:青屋夏生
編曲:青屋夏生
唄:初音ミク

曲紹介

  • ちょっと懐かしい感じのロックです。(作者コメントより)

歌詞

(動画より書き起こし)

田んぼに水が張ったのは
つい昨日の出来事だったのに
いつの間にやらセミが鳴き出して
湿た空気は体にまとわりつく

小学校の夏休みは
永遠と思えるほど長かったのに
どうして今はこんなにも
季節は早く過ぎゆくの ねえ、

自覚もないまま育って
どうやって大人になったのか
すら覚えてない
まるで中学校から眠り続けていたみたい

あのころやってたゲームでいえば
中盤あたりだと思ってた
ボタンを押し続けてただけなのに
まさかもうエンドロール・・・?

嗚呼 捨ててきた時間が
今更惜しくなって 嗚呼
ねえ、君はそうじゃないの?

サラリーマンにだけはなりたくないって
あれだけ言ってたのに
頭を下げて必死に嘘までついて
サラリーマンになりました

おまけに内定出たときは
祝杯なんてあげちゃってさあ、
情けないなそんな贅沢な悩み
言うつもりなんかないけど

最近じゃ流行りもわからない
流行りがあるかどうかもわからないが
ラジオから流れてきた新曲が
僕の心を動かした

泥臭くてどこか懐かしくて
少し前向きな気持ちになれたんだ
でもできれば10代の頃に出会いたかったなぁ、 なんて

嗚呼、今の暮らしに不満なんかは特になくて
でも違う生き方選んでたらなんて

あの頃時間はゆっくり流れててて
なんにだってなれるって思ってた でも
卒業アルバムに書いた将来の夢がどうしてだか
思い出せないんだよ

同じことを繰り返す
日々にもずいぶん慣れましたが
このまま終わるのかなと思うと
少しだけ足がすくみます

嗚呼 捨ててきた時間が
今更惜しくなって 嗚呼
ねぇ、君はそうじゃないの?




コメント

  • 聞いてると切なくなる… -- 名無しさん (2016-02-05 09:52:51)
  • 好きです -- 名無しさん (2016-06-30 09:06:33)
  • もそっと伸びるべき -- 名無しさん (2016-08-21 10:05:20)
名前:
コメント: