Pumpkin Candy


作詞:水無月龍那
作曲:As'257G
編曲:As'257G
唄:神威がくぽ(Whisper)

曲紹介

  • がくぽWhisperに悪戯なジャック・オ・ランタンな歌を歌ってもらいました。
  • イラストはHach氏。

歌詞

PIAPROより転載)

月影の隙間に カボチャの影揺らして
待ち侘びたこの夜の中 さあ行きましょう
靴音を響かせ 指先確かめたら
儚い幻想混じりの 街(よる)の中へ

踊る骸骨 包帯翻すミイラが
扉叩いては 夜を歌う

笑い声零して 彷徨う影踏んでは
今宵限りの呪文-spell-を さあ 唱えましょう!

無邪気に微笑んで 並べるその選択肢-card-
踊らせた「"悪戯"か"お菓子" -Trick or treat- 」 お好きな方を
差し出す手の平で 君に期待するのは
脆く溶ける幽霊-cookie- 黒猫の鈴-candy-

カボチャで照らす世界 背に回して
影縫い付けて いきましょう

月明かりの下で 星屑つかまえたら
ご機嫌なこの夜の中 転がしましょう


片眼鏡-monocle- に映る影は 黒猫の足音
笑い浮かべては 夜を渡る

月影を零した 魔女が裾を引いたら
今宵限りの呪文-spell-を さあ 唱えてごらん?

無邪気に微笑んで 並べたその選択肢-card-
示された「"悪戯"か"お菓子" -Trick or treat- 」 お好きな方を
差し出す手の平で 君が期待するのは
ポケットに一粒 忍ばせた星屑-candy-

カボチャが歌う世界 溶かし込んで
影抱きしめて みせましょう

月明かりの下で 君に跪いたら
待ち侘びたこの夜の味 差し上げましょう!


一口で溶けるように 崩れていく世界に
怯えることなど 何も無いよ

月影の隙間で カボチャに影灯して
零れた君の声そっと 頂きましょう

見えない微笑みで 囁くこの選択肢-word-
示すのは「”ひとりぼっち”か”ふたり” -Trick or treat- 」お好きな方は?
伸ばした指先で 君が縁取るのは
狭間にたった一人 埋もれてた黒猫の鈴-candy-

カボチャで照らす世界 二人ならば
影踊らせて いけましょう

月影の隙間に カボチャの影揺らして
待ち侘びたこの夜の中 さあ行きましょう


コメント

名前:
コメント: