信号待ちのモノローグ

しんごうまちのものろーぐ【登録タグ: GUMI 硝子ウールP

作詞:硝子ウールP
作曲:硝子ウールP
編曲:硝子ウールP
唄:GUMI

曲紹介

  • 硝子ウールP の11作目。
  • 今作では聞き手の皆さんの古傷をえぐってやろうと細かく丁寧に歌詞を書きましたw 信号待ちの向こう側、別れた異性の姿を見かけたら、、どうしようね>< (作者コメ転載)
  • イラストを いろは氏 が、エンコードを おかっぷ氏 が手掛ける。バイオリンは ユウ氏 が演奏。

歌詞

スクランブル交差点の 向こう側で待っている
立ち姿に見覚えが・・・ もしかして・・・?
視力が落ちて 眼鏡をかけた 
私の事 きづくかな

青になって歩き出す 下を向いてイヤホンの
ボリュームさわる左手 震えてる
すれ違う時 やっと気がついた
まるで違う知らない人

逃げ出したいって 思った自分が
イヤだ イヤだ イヤだ 
無関心じゃなかったの?

別にもう未練なんてないけど
再会は絶対幸せを見せつけて
後悔させてやろうと思ってた
嫌な性格は 今も変わらないよ

ビルから見える観覧車 後ろを向けばテレビ塔
あらためて見る景色はちっぽけだ
鳥かごの中みたいな 屋上で
フェンス越しに眺めた

見るもの全部 思いでつなぐ
ココも ココも ココも 
あいつがいた景色だ

別にもう憶えていなくてもいい
事ばかりが浮かんで夜空を埋めてゆく
散らばった星座に手を伸ばす
指に掠めそうな低い空だった

見栄っ張りで寂しがりなとこ
私もうつされてしまったのかなあ
だから 本当は伝えたい事があっても
伝えられない 
今は何処でどうしてる?

「ねえ これで良かったんだよきっと」
力ない笑顔で静かに言うんだろうね
ズルいよ 勝手に納得して
そんな性格を 愛したのは何故?

コメント

名前:
コメント: