ハルウツ日和

はるうつびより【登録タグ: GUMI NexTone管理曲 ねじ式
作詞:ねじ式
作曲:ねじ式
編曲:ねじ式
唄:GUMI

曲紹介

  • ねじ式氏 の32作目。
  • イラストは ハロ氏 が手掛ける。

歌詞

やわらかい陽射しの中で
夢と希望にあふれてる
そんな人たち溢れた街を
ひとり下を向いて歩いてます

うかれた輪にも入れずに
ひとりぼっちも寂しくて
いつもの帰り道の電車を
寝過ごすとこだけが春めいてる

やだな すごくやだな
すべてがキラキラ光る中で
なぜだろう おいてけぼりの気分
春の雨で洗い流して

すれ違う時間の中で
ちぐはぐなキミとのライン
「新しい日々、うまくいってる?」
「バッチリよ」なんてまたウソついた

やだな こんな僕を
変わらず好きでいてくれるのかな?
新しい出会いにキミの全て
奪われそうで怯えてるよ

キミと二人歩いてた道を
一人歩いていると
「後ろみてみ」って携帯の文字が
優しく輝いてた
夕暮れの影がほら二つになる

春が 夏に染まる 
ゆるやかさで変われたらいいと
君の手が僕の頭を撫でた
それだけで変われる気がしたよ

コメント

名前:
コメント: