新日本酒飲み音頭

しんにほんしゅのみおんど【登録タグ: MEIKO さだまさP

作詞:さだまさP
作曲:さだまさP
唄:MEIKO(合いの手:鏡音リン、鏡音レン、初音ミク、KAITO、神威がくぽ)

曲紹介

  • MEIKO生誕祭2008記念曲。
  • 1曲の歌詞の中に酒を69銘柄入れるという暴挙。
  • 「みんなが花束贈るなら、私は酒を贈ります」
  • 聖誕祭が終わったと思ったらいきなりコレヒドール。

歌詞


(北海道)
小樽の女は雪中花微笑一献夢きらら
北の微笑を濡らすのは雫の浪漫さ男山

(東北)
地吹雪超えて十四代超神向かうよ神の座に
乾坤一擲なせば成る天の戸開けよ鬼剣舞

(北陸)
越乃寒梅初花の花垣八海山に置き
おわら娘の風の盆福顔の奥何思う

(関東)
見返り美人の舞姿龍神達も盛升
花いちもんめの大姫といずれが叶四季桜

(中部)
葵天下を常念もとろとろとろと七笑
ふわり粋酔今日もまたおんな泣かせのやんちゃ酒

はぁタンタカタン、タンタカタン、タンタカタンたらタンタカタン!
(MEIKO殿、鍛高譚は焼酎でござるよ・・・)

(関西)
呉春に立った白鶴の招徳たるや千年一
都美人をええにょぼにもろぉて豊祝きげんよし

(中国)
ねねとの千代むすびしたけれど夜の帝王獺祭の
世界の花に酔心にゆるり迫られ二面もつ

(四国)
酔鯨倒し悦凱陣引く美丈夫の桃太郎
日本心もつ南国一にプラス嗜好で抱かれたい

(九州)
酒蔵談義はつきぬけど千里同風酒旨し
花の露たる私の酒は美少年とが一番よ 

コメント

  • ボカロ家族での合唱は実にいいね。 -- どんぐり (2009-08-22 00:03:51)
名前:
コメント: