野ばらのタンゴ

のばらのたんご【登録タグ: メディックP 東北ずん子

作詞:メディックP
作曲:メディックP
編曲:メディックP
唄:東北ずん子

曲紹介

「哀愁漂う旋律。魅惑のアルゼンチン・タンゴ風。」と言ってずっと前に出した「第七天国の魔」は、ちょっと新しめの要素を盛り込んでいたので、
今回はもっと古風なタンゴを目指してみました。どうしようもない歌詞なんかもちょっと意識してますが、
花言葉どおりのタンゴに仕上げました。(作者コメより転載)
  • 野ばら(ノイバラ)の花言葉は「孤独」「痛みから立ち上がる」など。
  • サムネのイラストは天龍洸氏が手掛ける。

歌詞

(動画より書き起こし)

僕は立ち尽くして ひとり眺めてた
なぜ 君だけが 神様に愛されたのか
君は振り返らずに 神のもとへ行く
あふれる涙 手でぬぐい さよなら。

滲む思い出 すべて泡沫
ぼくらの 遠い約束

今日より、明日は 良い日になるよ。と
君が言っていた
だけど、本当にそうなのかい?

滲む思い出 すべて泡沫
ぼくらの 遠い約束

君のいない世界に 光はないけど
そうだよ 僕も 君も
はなから 孤独さ

滲む思い出 すべて泡沫
ぼくらの 遠い約束

君が、好きだと言っていた
野ばらを眺める
生きる意志を感じて 君を思い出す

生きる意志を感じて 僕は歩き出す

コメント

  • おお -- 名無しさん (2014-06-11 21:38:42)
名前:
コメント: