きぼうのうた > RUBY-CATMAN

きぼうのうた【登録タグ: RUBY-CATMAN 初音ミク
作詞:RUBY-CATMAN
作曲:RUBY-CATMAN
編曲:RUBY-CATMAN
唄:初音ミク

曲紹介

  • RUBY-CATMAN氏 の7作目。
  • 今回は人間愛という少し大きなテーマで書いたメッセージソングです。どうか世界が平和でありますように。そしてこの曲が皆さんにとっての希望の歌になりますように。(作者コメ転載)
  • イラストを ラグ氏 が、動画を 千音子氏 が手掛ける。

歌詞

そこで泣いてるのは誰?
暗い森の中 ほら
くしゃくしゃに丸め捨てた心を
月明かりで探すんだ

何度踏みにじられても
流した涙で ほら
朝が来る頃には綺麗な
花を咲かすんだ

例えばぼくらが愛したこの世界は
時に憎しみ合い傷つけ合ったりして
それでもぼくらはこの旅路の向こうへ
希望を胸にしてまた歩き出すんだ

手を差し伸べたのは誰?
途方に暮れたきみの勇気
膝を抱えた夜の中で
頼りにしてるんだ

例えばぼくらが描いたはずの未来は
時に闇に太陽が飲みこまれるけれど
それでももう一度その手を握りしめて
希望を胸にしてまた生きて行くんだ

あの日飛ばした紙飛行機のように
夜明け前の空高くもっと遠くへ

例えばぼくらの叫びが届かなくて
とても長く辛い夜だったとしても
きみが差し伸べたその手を掴んだなら
立ち上がって笑ってまた歩き出せるさ

例えばぼくらが愛したこの世界は
時に憎しみ合い傷つけ合ったりして
それでもぼくらはこの旅路の向こうへ
希望を胸にしてまた歩き出すんだ

コメント

  • おお! -- 名無しさん (2014-06-22 12:04:33)
名前:
コメント: