小さな町の夜を行く

ちいさなまちのよるをゆく【登録タグ: miki いろどり よりどり

作詞:いろどり
作曲:いろどり
編曲:よりどり
唄:miki

曲紹介

――明日を生きる希望が欲しいのさ――
  • PVは ゴマヒチ氏 が手掛ける。

歌詞

街灯もないような田舎道
一人出歩く ロンリーナイト
散々だった 今日一日
石ころ蹴って 憂さ晴らし

後悔とか 反省とか
溢れ出して眠れずに
もう嫌になっちゃって
家を飛び出した

小さな町の夜を行く
繁栄に取り残された町
衰退する一方だ
まるでこの僕みたいに
負けじと足を踏みしめて
顔を上げてみたら意外にも
星空がきれいなもんで
少し泣けたんだ

通りすがってく 野良猫に
羨ましいと呟いた
自由になりたい 感傷を
ミッドナイトブルーが慰めた

言い訳さえ言えずに
ため込んでる
怖気づき 逃げ出したって
変わらないのにな

小さな町の夜を行く
静寂に支配された町
うんともすんとも言えないで
ただ黙ってやり過ごして
文句はたくさんあるけれど
イチャモン付けたところでこの僕が
輝く星にはなれない
なんか泣けてきた

僕らはきっと
誰でもきっと
不安な夜を過ごすだろう
明日を生きる
希望が欲しいのさ
そうだろう?

小さな町の夜を行く
小石に足を取られても
野良猫に笑われたって
星空はただきらめいて
流した涙の分だけ
強くなれるのなら今だけは
泣いてしまおうか

小さな町の夜を行く
繁栄に取り残された町
衰退する一方で
ココロは前を向いていた
次第に空が白んでく
新しい朝が来たそういえば
友達と遊ぶ約束
すっかり忘れてた

早く帰ろう

コメント

名前:
コメント: