apogee

【登録タグ: A あな兄 初音ミク

作詞:あな兄
作曲:あな兄
編曲:あな兄
唄:初音ミク

曲紹介

  • あな兄氏の3作目。

歌詞

(投稿者コメントより転載)

積み上げた夜の下
深い闇に揺らぎながら
集めた星を飾る
君にも見えるように

記憶を巻き戻せば
遠く聞こえる君の声
今日も星を探しては
歌うの聞こえるよね?

きっと
ここが1番遠いだからもう離れないよ
ねぇ大丈夫だよね
これからは近づいてゆくだけだからさ
ずっと待っていてね
絶やさないよ二人を
繋ぐメロディー

当たり前のやり取りに
過剰な期待をしていたんだ
心が見えないまま
心に身体を委ねる

降り出した雨の中
心を溶かして頬を伝う
たわいない争いだったけど
どうしてこんなに

きっと
君の事が見えてなかったから
言っちゃったんだ
許してくれる?ねぇ
伝えたい事はたくさん
いっぱいあるんだけど
もう遅いんだよね
傷一つないけど
痛みを残して

呼吸を意識してると
なんだか息苦しいんだ
止める術も知らないまま

燃え続ける星の光
雲が溶けて月が覗く
太陽が目を覚まして
また今日が始まる

きっと
私がいなくても君の世界は
回っていくんだ
そうなんだろうけど
私の時間は君がいないと
止まったままなんだ
だからこのままで

だって
ここが1番遠い場所だからもう離れないよ
ねぇ大丈夫だよね
これからは近づいてゆくだけだからさ
ずっと待ってるから
届いてるのかな
つい期待しちゃうんだ
歌い続けるよ
星のメロディー

積み上げた夜の下
深い闇に揺らぎながら
集めた星を飾る
君にも見えるように
記憶を巻き戻せば
遠く聞こえる君の声
今日も星を探しては
歌いつづける

積み上げた夜の下
深い闇に揺らぎながら
集めた星を飾る
ずっと一緒だから


コメント

名前:
コメント: