六波羅神楽絵巻

ろくはらかぐらえまき【登録タグ: NexTone管理曲 マイナスP 鏡音レン
作詞:マイナスP
作曲:マイナスP
編曲:マイナスP
唄:鏡音レン

曲紹介

  • WONDERFUL★OPPORTUNITY!・マイナスPの和風ROCK曲。
  • イラストはebina氏が担当している。
  • 和風曲コンピレーションアルバム『天響ノ和樂2』、アルバム『ワン☆オポ!VOL.08』収録曲。

歌詞

不動尊よ 我に力与え(たま)へば
いざ大蛇、酒呑童子(しゅてんどうじ)も此の庭の碁石に変えてお見せしませう

都は地獄の如く狂乱の鬼が巣喰う
秩序が業火(ごうか)と共に堕つのを見ているだけか

太古の巡りに(なら)
我は鬼女(おにめ)を討つ

極彩色を浮かべた京の都に
其方(そなた)の影はついぞ掻き消えた
されど胸の内、映し出した此の(ふみ)
消えぬ限り必ずや(あだ)討ちして(まい)(ゆえ)

夢見の悪い明け方の紫の雨
(つゆ)と光る曼珠沙華(まんじゅしゃげ)が燃へる山道
獣の瞳
俗世(ぞくせ)を断ち山中に身委ねし老師より
授かりし兜と毒酒携へていざ行かん

「お待ちくだされ」とぽつり
言の葉ひとつ浮かぶ

咲き乱れし物の()の宴の夜に
渇いた陵辱の風、響き渡る
あなや…
さりとて引く訳には行きますまいと
毒を(さかずき)に注ぐ

其方がまだ人の子のように笑っていた頃が走馬灯のように
もう心根(こころね)通わせていた二人には戻れない故…

極彩色を浮かべた京の都に
其方の影はついぞ掻き消えた
さりとて(まこと)の実を喰い尽くした心を
消さぬ限り必ずや「仇討ち」して参る故

今しばし

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2014-07-12 00:22:11)
  • ハマった -- 名無しさん (2014-07-12 01:10:30)
  • 好きすぎてむちゃくちゃ聴いてます -- 名無しさん (2014-07-25 17:10:39)
  • 漢字難しいw -- 名無しさん (2014-08-09 16:16:07)
  • すごい好きだけど、歌詞がなくて困っていたのでとても有り難いです! -- 名無しさん (2014-08-21 21:15:50)
  • 「必ずや仇討ちして参る故」のところめっちゃ好き -- 名無しさん (2014-10-04 19:55:47)
  • ↑超同意。 マイナスPさんの曲はマジカッコイイ。もちろんこの曲も! -- 名無しさん (2014-10-04 22:02:44)
  • ちょーかっこいい!!ドはまりした~!!和楽器最高!! -- 名無しさん (2015-02-25 19:15:52)
  • すごくかっこいい  はまりました -- 名無しさん (2015-04-12 13:09:42)
  • カッコイイっすわ! -- アリス (2015-07-08 16:07:22)
  • 和楽器の部分が好き!! -- 甲斐 (2017-06-08 22:52:32)
  • ↑わかる -- あああ (2017-06-19 21:34:35)
名前:
コメント: