period > 午後ティー

【登録タグ: Lily P 午後ティー
作詞:午後ティー
作曲:午後ティー
編曲:午後ティー
唄:Lily

曲紹介

「最大級のごめんねとありがとう」
  • 午後ティー氏 の23曲目。

歌詞

遠ざかってく
あの日の記憶もいずれは消えちゃうんだと
知ってたはずなんだ

だけど怖くて 僕は弱くて
あれもこれも求めてしまったんだ

ゆらゆら ひとりぼっちの夜の真ん中
裸足で歩き回ってはいつも泣いていた

道に迷ったって君が居るんだって
言葉だけで繋ぎ止めていた
もう一度だけ触れたいけど
叶わない 望まない
笑える気もしない

いつの間にか開いてしまった
点と点の間の距離を知りたくて

足しては引いて 引いては足して
弾き出せど独り善がりなまま

指先掠める度に胸が痛くって
終わらない答え合わせを繰り返してるんだ

失くすものかって抱き締めてたって
気付けば全てを失くしてたりすんだ
ここに居るから触れてみてよ
届かない 開かない
掛ける情けもない


君の涙と同じだけ嘘吐きの僕が居た
それでも君の心は「愛おしい」と言う
誰よりも嫌いな僕の声を聞いて
名前を呼んで 僕を呼んで
「愛おしい」と言う

君が愛してた僕はもう居ないよ
さよならも言わず旅立ったんだよ
君の隣で夢描くのは僕じゃない
答えは知らないままのがいいや

道に迷ったって君が居るんだって
言葉だけで繋ぎ止めていた
もう一度だけ触れたいけど
叶わない 望まない
明日はまだ見えない

コメント

  • すごく好きです -- 名無しさん (2014-07-14 22:20:13)
名前:
コメント: