せかいのおわりのさいしょのうた

せかいのおわりのさいしょのうた【登録タグ: uota ばぶちゃん 初音ミク
作詞:uota
作曲:ばぶちゃん
編曲:ばぶちゃん
唄:初音ミク

曲紹介

なんのためにうまれて なにをしていきるのか
こたえられないなんて そんなのはいやだでちゅ
だぁだ。

歌詞

ひとり 置き去られた朝 霧の中
探しても 探しても
黒い雨の中 望む影は無いね

たどる たどる 夢の光
なぞる なぞる 指の痛み

巡る星は明らかに 煙る森は静かに
消える月は密かに 君を取り戻しにゆくんだ

敷き詰められたガラス玉
踏みつける裸足の下

かりん、かりん、呼んでるね
消える月は密かに 夜に花が咲いていたよ

高く 高く 黒く澄んだ夜の果て

終われ 終われ 世界よ

コメント

  • 大好き -- 名無しさん (2014-10-31 07:56:11)
  • さいごのうたの方では、むせび泣くような叫びが印象に残ったけど、この歌に同じ旋律が登場したとき、悲しいけれど切ないけれど「はじまりだ」と思った。
    さいしょをくれてありがとう、ばぶちゃん。 -- 名無しさん (2014-11-01 23:48:01)
  • 最後本気で「!?」ってなったww凄いなぁ……。 -- 名無しさん (2014-11-22 11:16:15)
  • お、終われ…!? -- 零 (2016-10-05 20:29:17)
名前:
コメント: