彼岸花 > 23

ひがんばな【登録タグ: 初音ミク 23

作詞:23
作曲:23
編曲:23
唄:初音ミク

曲紹介

深い悲しみを持った「誰か」は、まだ咲かない「彼岸花」と出会いました。
その「誰か」は不吉な花と言われる「彼岸花」に何を想うのでしょうか。
  • 23氏の9作目。
  • 今回は以前の曲とは違い、初のエモいロックに挑戦している。
  • ギターは氏本人が、ベースをleas氏、イラストを氷壁氏が手掛ける。

歌詞

諦めた朝 声を殺し泣いていた 部屋の隅で
誰にも届く事の無い叫び声 虚しく消えていく

「キミも一人なの?」と 無口な君は葉を揺らす

紅色の鮮やかな切ない君は いつの日にかその花を開く
遠くへと沈み行く夕日を数え その姿を見たくて

変わらぬ朝 すぐに君に会いたくて 部屋を飛び出した
風の日も雨の日も空を見つめる 凛々しい君

紅色の鮮やかな切ない君は いつになればその花を開く?
少しずつ痩せてゆく月を数えた その姿を見たくて
「また会いに来るから…」

悲しい思い出 諦め 独立 また会う日を楽しみに
再開 情熱 想うはあなた一人

いつか諦めていた想いは風と共に消え

紅色の鮮やかな切ない君は いつか夢に見た花を開く
艶やかで美しい君の姿に 只々見惚れていた

君に貰った強さで歩き出せるよ

ずっと この身が枯れ果てる迄
前を見つめて そっと踏み出そう 空を見上げて 



コメント

名前:
コメント: