花束を君へ。

はなたばをきみへ【登録タグ: 初音ミク 23
作詞:23
作曲:23
編曲:23
唄:初音ミク

曲紹介

  • 23氏の12作目。
  • 今回はいつものEDMではなく、初めてのワルツ曲である。
  • ミクが切なく歌い上げるレクイエムソングである。

歌詞

(Youtube版の動画説明文より転載)

まだ僕のすぐ傍に感じるあの温もり
ずっと僕の心の中で笑い続けて

一人辿る君との思い出のあの道
もうすっかりザクロは無いらしい
変わりきった町並み 変わらない思い出
本当は君と辿る道なのに

ずっと止まっているよ あの日から進めない
まだ伝えてない言葉 何処に言えばいいの?

空の向こうまで僕の声、届くなら
君に話したい事が沢山あるんだ

僕を置いて過ぎてく 回り続ける針
君は僕の事を覚えている?
君が去った日から立ち止まったままで
大人になれないまま廻る声

消えない思いを手に君の眠る場所へ
とても遅くなったけど、君に花束を贈るよ

空の向こうまで僕の声、届くなら
君に話したい事が沢山あるんだ
君の所まで僕の声届けるよ
空に消えてゆくこの思い風に乗せて


コメント

名前:
コメント: