空色アクアマリン

そらいろあくあまりん【登録タグ: スウ 初音ミク

作詞:スウ
作曲:スウ
編曲:スウ
唄:初音ミク

曲紹介

  • スウ氏 の4作目。
  • 空の絵をかっこよく描ける人ってかっこいいですよね。憧れます。(作者コメ転載)

歌詞

光の中は とてもきれいで 目を開けるのが とても怖くて
そのまぶしさから逃れるように 水面の下、僕は隠れた
その場しのぎを続けていたら ただただ日々を棒に振ってた
「もうあそこには戻れないんだ」 気づけば僕は 歩みをやめた

スタートラインは並んでいたのに 気づけば背中を見続けて
追いつくためにと 動かした足は いつしか悲鳴を上げていた
それでも嫌みや期待する声は 背中をめがけて 飛んできて
聞きたくないから 見たくないからと 壊れた身体を投げ込んだ

ここまで歩いた時間が 止まった僕に夢を見せ
これから歩いてく道で 休むことすらやめるんだ

ねえねえ アイリス 僕が見えてるの? こちら側からは見えてないけれど
水の中から観る世界は 全てがぼやけて よく見えないよ
燦々輝く 光の形が 水の底にすら 外を映すんだ
もう未来なんて見せないで 二度と外なんか見たくないんだから

全てを照らす 光の中で 乱反射する光の中で
何度も観てた背中を抜いた 先頭に立つ自分を観てた
ここにいる意味考えてたら 目を開けてみる 夢は終わった
目を閉じてれば 夢の中なら ここにいること 忘れられると

自分と自分で交わした約束 何度も何度も反故にして
そこにいるはずの自分の姿は 今の自分とは別物で
エフェクトをかけて覗いた景色は いつものそれより輝いて
鏡を通して覗いた自分は 僕と目を合わせ泣いていた

ここまで歩いた時間が 止まった僕に夢を見せ
これから歩いてく道で 休むことすらやめるんだ

ねえねえ アイリス 僕を隠してよ そちら側からは見えてないように
水の外から観る世界は 全てがまぶしく よく見えるんだよ
回想錯誤を繰り返しながら ここがどこだかも分からなくなった
全てを濡らした この僕は 自分の温度を忘れてるのかな?

涙と海水の味は 渇いたのどを傷つけて
綺麗に透き通る水を 求めた僕を苦しめた

ねえねえ アイリス 僕が見えてるの? 僕を見つけてよ 息が苦しいよ
見て見ぬ振りした 風の音 冷たい風にも負けはしないから
散々嘆いて 目を塞いでても まぶたの裏に光は届くんだ
一度は離した引き金を 再び引くのは この僕だ

ねえねえ アイリス 僕を助けてよ 僕の姿なら見えているんだろ?
ここにある水は冷たくて 体が凍えて動かないんだよ
燦々輝く 光の形を もう一度この目で確かめたいんだ
口の中にある この味は 何を失くしても忘れないんだから

コメント

  • 大好き -- 名無しさん (2015-03-09 00:10:35)
  • 大好き!! -- 名無しさん (2015-03-30 10:15:53)
名前:
コメント: