舟の上で読んだ本

ふねのうえでよんだほん【登録タグ: クロワッサンシカゴ 初音ミク

曲紹介

  • クロワッサンシカゴ氏 の23作目。

歌詞

寝る前にきちんと歯磨きをして
正装に着替えて彼女を待つの
踊り出す心臓の鼓動のリズム
舟の上で読んだ本は
海にぽちゃり溶かせばよい
知恵になる

彼女はね あなたのお嫁さんになる
あなたはね 彼女のお婿さんになる
わたしはね ふたりの祝福を待つ
はじまりの朝 おわりの夜
わたしがまだ生まれる前
待てない

今 とても退屈な海上でわたしが読んでる
ドラマチックなミステリ
これからはじまる経験を想像してしまうから
笑えない つまらない

膨大な知識をどこかに焼き付けた
広大な世界をどこかに焼き付けた
わたしはね 全知全能の神様になる
一息の朝 永遠の夜
わたしがまだ生まれる前
待てない

今 とても退屈な海上でわたしが読んでる
あらゆる分野のバイブル
これからはじまる経験を想像してしまうから
古臭い つまらない

寝る前に読書を 彼女の朗読で
わたしはね 瞼が徐々に重くなる
素晴らしき経験が わたしを待っている
ふらついて 舟から海へ落っこちた
なすがまま すべてを忘れ 流される
わたしはね 彼女とあなたに出逢うの

コメント

名前:
コメント: