アイイロジック

あいいろじっく【登録タグ: IA ジグ 初音ミク

作詞:ジグ
作曲:ジグ
編曲:ジグ
唄:初音ミク・IA

曲紹介

「空の向こうに触れて」
  • ジグ氏 の3作目。
  • イラストは249氏が手掛ける。

歌詞

空は声を奪って 泣いている花の中 まだ咲いている
透明なんだ 少女の理由 蓋をして

それは 藍の向こうで揺蕩う深い青
再会の唄を歌って 合間が揺れる前に行く

あの空の向こう 触れてしまえるの?
ここからは見えなくても
ずっと 確かにあるのだろう

届かぬ声と知ったって僕は
そばにいたいと言うんだって
君がいない夜をずっと探す意味が
1つあるんだって

透けていく最期にはきっと
夜になってしまうんだろうな
曖昧なんだ 嫌いな姿の自分が嫌いじゃないことを

雲は空を描いて 浮いている義体みたいな僕
想像で前は塞いで 合間が消える前に行く

あの空の向こう 触れてしまえるよ
ここからは見えなくても
ずっと 確かにあるのだろう

初めて藍を知ったんだ 僕は
君のせいと知ったって
誰もいない朝をずっと見ていた
意味が何個あったって

透けていく最期にもきっと
夜になってしまうんだろうな
曖昧なんだ 嫌いな形の自分が嫌いじゃないことを

届かぬ声と知ったって僕は
そばにいたいと言うんだって
君がいない日々をずっと探す意味が
1つもなくたって

透けていく最期にはきっと
夜になってしまうんだろうな
曖昧なんだ 嫌いな姿の自分が嫌いじゃないことを

初めて藍を知ったんだ 僕は
君のせいと知ったって
誰もいない夜をずっと見ていた
意味が何個あったって

透けていく最期にはきっと
朝になってしまうんだろうな
曖昧なんだ 嫌いな姿の自分が嫌いじゃないことを

透けていく藍と知ったって
君のそばにいたと言うんだって

コメント

名前:
コメント: