メモリアルスノウ

めもりあるすのう【登録タグ: IA takasannoid

作詞:takasannoid
作曲:takasannoid
編曲:takasannoid
唄:IA

曲紹介

  • takasannoid氏の4作目。
  • 冬の曲です。

歌詞

白く染まっていた 高いあの丘の上で
いつも二人で見た 冬のまちのひかりが
今日はまぶしくて 僕は夜空を眺める
静かな 時が流れてく


君と一緒に 上った坂の道も
寂しくなって 何度も止まりそうで 
たどり着いたら いるはずのない君が
この星空を 見ている気がした


淡く色のついた 花びらが
彩る季節を 僕らは
手を繋ぎ いつまでも 眺めていたよね
虫たちのざわめきと青い空を 駆け抜けた夏は
きっと 遠く 遠く


深い雪の庭を 瞳の中に閉じ込めて
君に見せたいんだ 風の音だけの世界
ふいに口ずさんだ 声は夜にとけていく
最後に 交わした約束を


ヒグラシの歌声が 鳴り響く
茜色の町を 二人で
過ぎる時を 刻みながら 歩いていたよね
寒さと風と雪と君がいた あの冬の日々を 
どうか ずっと ずっと・・・


僕のこの気持ちは いつまでも 変わらないままで
僕らが生きていたこの季節を越えていけるから
だからもう 泣かないよ あの瞬間(とき)を
覚えているから・・・
(桜が舞い落ちる 春も
日差し強く照らす 夏も 
芽吹く生命(いのち)実る 秋も
君と歩いた  雪の道も
僕はずっと 忘れないよ
思い 君に 届け


コメント

名前:
コメント: