幾千ものありがとうと一輪の花

いくせんものありがとうといちりんのはな【登録タグ: 初音ミク 夏鳴屋

作詞:夏鳴屋
作曲:夏鳴屋
編曲:夏鳴屋
唄:初音ミク

曲紹介

  • コンピレーションCD『夢の八番地』収録曲。
  • Mix,Mastering:久能建究所、絵:しじゅうはち、動画:◎りい

歌詞

(動画より書き起こし)

当たり前のような日々に
しわの数とか
ため息の数が増えてても
何事も無かったように
過ぎていた日々は切なくなるよ

ダダをこねてみたり無口になったり
飴玉のような思い出も
1つ1つ心に溶けていく
慰めてくれるように

今すぐに抱きしめたいよ
言葉よりも確かなものを見つけたんだ
ほら あなたが笑う姿が
私を温めていたから


いつもより少しだけ綺麗になれていますか
だって今日はほら ありがとう言わなきゃね
なんて素直になれたことも無かったよね
でもね 伝えてみるよ


幸せに包まれて木漏れ日に咲いた
あなたは照らす陽になってくれた
1つ1つ心に溶けていく
慰めてくれるように

今すぐに抱きしめたいよ
言葉よりも早く溢れ出しそうな思いが
ほら あなたがいる
それだけでいい 私にとっての夢

いつまでも傍で笑ってみせて
言葉よりも確かなものを見つけたんだ
ほら 風に揺れる花弁が
あなたの心の奥に届くよう
かけがえのない世界で
咲き続けるから


コメント

名前:
コメント: