言葉 > 箒ギターP

ことば【登録タグ: 初音ミク 箒ギターP

作詞:箒ギターP
作曲:箒ギターP
唄:初音ミク

曲紹介

  • かわいめミクロック
  • まっすぐで正直な歌詞が箒ギターの音色とともに胸にしみこむ。

歌詞

言葉

油断したのは一瞬で
失くしたものは永遠で
どうしようもない風に
いつからか吹かれて

それでも何とかしようと
手を伸ばして叫んでいた
あの頃の僕を何故か
今さら思い出す

意図したように上手くは
いかない日が過ぎてゆく
どうしてこんなにこの世界は
乱数に満ちているの?

想定外のトラブルだらけの人生が
現在を作ってるなら
昨日までの僕でいいと
思ってしまう
季節はまだ始まりを
予感させない

懐かしい日々の記憶を
僕は今も捨てきれない
簡単に壊れてしまう
ことが怖くて

約束はきっと出来ない
鏡に映る姿さえ
直視することはもう
僕には出来ないだろう

はさみで切り取ったように
そこだけ何もなかった
どうしてこんなにこの世界は
無邪気に出来ているの?

広大な心を映し出すだけの壁は
何処で見つかるのかな?
たったひとつだけ
いつも思い出す言葉
胸の中で少しずつ
光り始める――――

(箒ギターによる間奏)

「何かを求めて生きる」
なんていうことが
きっと大事なんだと
教えてくれたのは
誰かがくれた言葉
扉はもう、大きく開いた――――

遠くに見えるあの景色に
辿りつける、
いつか来るその日まで
自由で無邪気で強かった
君の言葉
胸に秘めて
思い出に変えてゆくから

(動画より)



コメント

名前:
コメント: