華姫桜

はなひめざくら【登録タグ: GUMI Syu

作詞:Giz
作曲:Syu
編曲:Syu
唄:GUMI

曲紹介

  • Syu氏の12作目、作詞はGiz氏が手掛ける
  • イラストはRuuya氏が手掛ける

歌詞

ピアプロより転載)

濡れた髪の雫伝う 熱を帯びる体反らして
恋しさに任せ触れる 唇は閉ざされたままで

虚ろな視線 滲む溜め息
届かない距離は 止まらぬ落陽

華姫桜舞い散る頃 この恋は終わり告げていく
この手離してどこへ行くの? 問いかけは細く消えていく
戻らない時に しがみついたまま


季節外れ冷たい風 向かい合えば終わりと知って
神楽の音遠く揺れる 別つ言葉薄められずに

未来(さき)のない事 告げる唇
震える指先 背中は遠くて


華姫桜貴方連れて 呼吸(いき)さえもできぬ程の恋
儚く揺れるその一枚(ひとひら) 私の想い乗せて落ちる

華姫桜舞い散る頃 崩れゆく凛と咲いた朱
忘れる事などないでしょう 深く深く焼きついた痕
色褪せぬ時間 思い出にできず


コメント

  • (≧∇≦)b!! -- アイーシャ (2016-01-23 10:10:07)
名前:
コメント: