slow emotion

【登録タグ: S 初音ミク 空海月

作詞:空海月
作曲:空海月
編曲:空海月
唄:初音ミク

曲紹介

  • ループするビートに、ある秋の日に思ったこと乗せました。体を揺らしながら感じてくれたら。(作者コメ転載)
  • イラストは 冬月がと氏 が手掛ける。

歌詞

敷き詰められた落ち葉に
とっちらかってしまった言葉を重ねては
なんだか少し虚しい気がして
いつもの feelin’
少しだけ cooling off して斜めからの感情を
一口ずつ口にして 遠くの空を見て楽にして

昨日まで元気だった枯葉のふりしてたあの虫が
出かける時に見たらポトッと落ちて死んでいたんだよ
少しだけのぞいて見えた内側の鮮やかな色合いは
なんだかやっぱり悲しい 言葉にしておくりたい

一体どんな人生を歩んできたのか僕には
想像もつかないぐらいだし その資格もある気がしないから
この感情を曲にして このモヤモヤの心情を
ただただ並べて繋げて ループの波に流されて歌う

山の向こうに消えてく
茜に向かって飛んでいくカラスの群れが
遠くに感じた気がして
いつもの tension
out of position  マンションの影から出てハレーション
夕陽が目に沁みるなんてキザなセリフを軽く呟く

冷たいアスファルトの上に横たわっていたあの虫が
夜帰ってきた時気づいたら跡形も無くなっていたんだよ
君との思い出はたった1分のことだったかもしれない
だけどやっぱり悲しい 歌にしておくりたい

一体どんな感情をもって耐えていたのか僕には
想像もつかないぐらいだし その資格もある気がしないから
この感情を曲にして この切ない心情を
ただただ並べて繋げて ループの波に流されて歌う

いつもの feelin’ 少しだけ coolin’

コメント

名前:
コメント: