それより、それを

【登録タグ: プリュ 鏡音リン

作詞:プリュ
作曲:プリュ
編曲:プリュ
唄:鏡音リン

曲紹介

「122。」

歌詞


色褪せた心が指差した
扉の向こうのとある御伽話
道の上、残っている私なんて
当たり前に一人ぼっちだと

誰でも、誰でも答えてくれたら
一瞬でも、私は 心の仮面を壊せるよ

歌唄う玩具の溜息は嫌なんだ
本物になるように、名前を、名前を

或る時に、君に声を掛けた
「忘れないで」と言わず泣いちゃったばかりに
悲しそうよ、どっちでもいない世なんて
当たり前に流れる日々が嫌になる

歌唄う一人は寂しくて、いけないんだ
忘れられないように、心を、心を

苦手な音世に君の声が来て
一瞬でも、私は そう大人になるよ

歌唄う臆病な少女には見えないんだ
恋世が見えるように、意味を、それを


コメント

  • ただただかっこいい!もっとたくさんの人に聞いて欲しい -- 名無しさん (2016-04-19 00:26:36)
名前:
コメント: